読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エフェクター選び

このブログではギターエフェクト、録音に関するエフェクト等の各種機材をご紹介しております。

■連載■ペダルボードの組み方 其の二

前回書かせて頂いたペダルボードシステムの構築ですが、システムを製作することにより非常に使いやすくもなりまた音色の幅も広がるのは事実ではございますがその反面大変になることもいくつかあります。

デメリットをいくつかご説明します。

1.
ボードにすると大きく重くなる。ペダルをいくつか床に並べるのとは違いボードの重さも加えて運ぶことになります。それに加え使わないペダルをついつい入れてしまったり、スイッチャーまで導入してきますとスイッチャーの重さも加わります。

ギターリストもプレイスタイルが様々ありますので、ペダルは使っても1台、2台というのあれば無理をしてボードに纏める必要性も無いかと思います。そんな場合にもペダルは安全に運びたいので筆者の場合はクッションポーチ等にペダルを入れてギターのサイドポーチ等に入れています。

2.
使っていないオフの状態のペダルも信号を通過するので多少の音質劣化の可能性がある。例えばペダルが3台直列で並んでいた場合1番目と2番目のペダルはオフで、3番目のペダルだけ使う場合でも信号は1番目2番目と通過いる為どうしても音質は変化します。この10年位でいわゆるトゥルーバイパスと言われる機械式スイッチやリレーを用いたペダルのバイパス方法が主流になっていますがそれらも音質の変化はゼロではありません。加えてペダル間のパッチケーブルでの音質の変化、プラグやジャック等の接点もあります。「アンプ直が良いね!」というのはそこには余計な接点等が介在しないことですので機材が増える場合には必要に応じてバッファーやスイッチャーの導入等それなりの対策が必要となります。

3.
配線によるノイズの混入。プロが依頼するような専門の業者にボードシステム製作を依頼した場合はノイズ混入を防いで入念に組んで貰えますが個人でボードを製作するとどうしても配線が煩雑になりノイズが乗ってしまうリスクも高まります。ケーブルもご自身でDIYできる方であれば長さを揃えて製作することも可能だと思います。最近はハンダつけ不要のソルダーレスケーブルもありますのでハンダに自信の無い方は試されても良いかと思います。

Free The Tone ソルダーレスケーブルキット [ストレート/L字プラグ各5本(ゴールド)&ケーブル3mセット] (SLK-SLPro-55(GOLD)

価格:13,824円
(2017/1/13 23:16時点)
感想(1件)


4.
追加のエフェクターが入れにくくなる場合がある。あまりボードサイズぎりぎりまでペダルを入れてしまうと突如入れたくなってしまうペダルが入らないことがあります。またペダルはメーカーや機種によってINPUTやOUTPUT、電源の位置もまちまちですので
入れ替える場合もケーブルが届かない等悩まされることも少なくありません。少し余裕を持ったボード作りも大切です。

デメリットもご説明した上で次回から間違いの無いペダルボード構築の為のノウハウをご紹介したいと思います。


■連載■ペダルボードの組み方 其の一

ギターリストなら一度は必ず手にするであろうエフェクトペダルですが好みのエフェクトペダルが何台か集まってくるとボードに綺麗に並べてまとめたくなってくるかと思います。

特に近年のエフェクトペダルの進化は目覚ましいものがあり、素晴らしい音のする商品が揃っていますので好みのペダルを複数台組み合わせることにより素晴らしいボードが完成します。

またプロの方でも現場に合わせて大中小の3種類のボードを用意する方も多く現在デジタルアンプシミュレーターと並びペダルボードシステムが主流であるのは間違いありません。

ボードにペダルを並べて配線・設置することをペダルボードシステムの構築と言いますが、システムを組むことによるメリットもあり、その反面デメリットも少なからずあると考えています。

まずペダルボードを組むことよるメリットをいくつかご紹介します。

1.
ボードに全てのエフェクターが配線された状態になりますので、ボードを組むとライブやリハーサルの際のセッティングが非常に楽になります。自分の演奏する位置にボードを置いて蓋をあけパワーサプライの電源を入れ、必要なシールドを数本させば音出しができる状態が整います。

2.
色々なペダルがあれば突然違う音が欲しくなった場合にも対応できる。これは勿論それなりの種類のペダルやマルチエフェクターに属するペダルが入っていればの話ではあります。プロのギターリストの場合、録音依頼を受けてスタジオにつくまで曲も聞いたこともなければ、どんな音が欲しいのかすら知らされないことがあります。

特に揺れ物といわれるChorus、Flanger、Tremolo、Vibe、Phaserは普段使わなくても突如求められ必要となることがあります。揺れ物にも一つずつ個別のペダルを導入していくのも拘りがあって良いのですがEventideのModFactorStrymon Mobiusに代表される揺れ物のマルチを1台導入してしまうのは非常に効果的な手段です。

Eventide MODFACTOR

価格:58,980円
(2017/1/13 23:07時点)
感想(0件)

strymon MOBIUS 【特価】

価格:50,544円
(2017/1/13 23:04時点)
感想(0件)


3.
音色の切替が楽になる。スイッチャーを入れておけば膨大な数のペダルを瞬時に切替え呼び出すことができます。人間の足は2本ですので立ちながら演奏していますと片足で踏めるエフェクトペダルは1台、または横並びのペダルを同時にヒールアンドトゥをしても2台が限度です。そこで登場するのがループスイッチャーです。スイッチャーを導入しておけばいくつものペダルのオンオフの組み合わせをフットスイッチ一つで呼出しが可能になり、ペダル複数台の直列接続と比べ各段に便利になります。更にスイッチャーにはMIDIやアンプのチャンネル切替等に用いられるラッチ出力が搭載されている機種がありますのでそれらを使用するとより演奏性の高いシステムが仕上がります。

4.
見た目が格好良い。ギターリストの使用機材というのはプレイヤーによって様々ですが、やはり憧れのプロのボードを見るのはとても参考になりますし音作りにおいてもとても役立つ要素が多数あります。ステージ上でキラキラと光るペダルは良い演奏する気にさせるテンションアップの大事なポイントだと思っています。

次回はボードを組むことによるデメリットを少しだけご紹介します。


NAMM Show 2017

f:id:effect100:20170113132005j:plain

毎年のことですが新年を迎えると気になってくるのが1月に
アメリカ カリフォルニア州アナハイムで開催されるNAMM Showです。


NAMMNational Association of Music Merchants

NAMM Showとは世界各国の楽器メーカーが集まる世界最大の楽器
ショーイベントです。新しい楽器や機材の発表や展示も勿論のことです
が、エンターテイメントの本場アメリカだけに各種ライブイベントや
著名ミュージシャンが各メーカーの展示ブースでデモ演奏を行っています。

それに大物ミュージシャンが普通に通路を歩いていたりしますので
お願いして記念写真を撮ることも出来てしまうのも凄いところです。

期間中全米からミュージシャンが駆けつけて周辺のライブハウスでは
イベントやセッションも多数行われております。

例年日本の輸入代理店や有名楽器店のスタッフの方々も現地に駆け
つけて現場から新商品の紹介をリアルタイムに更新してくれるショップ
さんも多いので期間中、現地に行けない方は大手楽器店さんのHPを
チェックされるのも面白いかと思います!

今年は1月19日から22日(現地時間)の開催です。

www.namm.org

広告を非表示にする